メインイメージ画像

カーシェアリングの料金体制と保険について

カーシェアリングについて考えてみましょう。カーシェアリングという形を利用する際には、一定の料金がかかります。ただ料金システムにも様々ですが、大きく分けると短期プランもしくは長期プランのどちらかです。はじめに前者の短期なのですが、知られている数十分程度や数時間ほど借りる形態になります。その方法の値段は、15分毎になっている場合が多いです。

例を挙げるとレンタル料金が15分毎に250円になどの具合です。

基本的に使った分だけの料金がかかりますが、業者によっては数時間利用できるプランも完備している事もあります。例えば3時間プランならば、2500円などの具合です。短期プランで180分利用するよりも、500円ほど低めになる訳です。さらに6時間プランであれば4800円など、長時間レンタルする方が1時間毎の料金はお得になる傾向があります。ただしその規定時間をオーバーした時には、延長料金が発生するケースがほとんどです。例をあげると3時間プランでレンタルをしていたものの、実際には3時間30分などと少し時間を超過する事もあります。

その場合には上記の250円が2つ分で、500円の延長料金が発生する場合もあるのです。

それと長期プランの方ですが、いわゆる月額制になっているケースが一般的です。例えば1ヶ月につき1000円、2000円程度です。更に長期プランでは、数時間分はタダになっているケースがあります。普通であれば上記の15分刻みの250円分の料金をしはらわなくてはならないのですが、2、3時間程度の利用で料金が発生しない場合もたくさんあります。

この2時間をオーバーした利用分に関しては、上記の15分毎の課金が原則適用されます。だから長期間にわたってカーシェアリングを利用するならば、長期ブランの方がお得な傾向があります。

また料金と言えば、車を破損した場合が気に留める人もいます。交通事故などによる車のダメージが起きる可能性も出てくるわけで、カーシェアリングにはだいたい保証サービスがあります。万が一の事故が発生したケースの保険なのですが、数百円払うだけで自己に対する損傷の補填が受けられるケースがほとんどです。

更新情報